「失敗したくない」と思ってしまうことがありますよね。

「失敗したくない」と思ってしまうことがありますよね。

あっという間に灼熱の夏がやって来ましたね。
クラリティー・キッズでは例年8月の1週目に4泊5日で合宿を行うため、
通常クラスと併せ、合宿準備で慌ただしくなってきました。
今年もこどもたちがどんな成長を見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。

さて、せっかくクラリティー・キッズを知って頂ける場ですので、
今回はHPの「どんな教室?」ページにもある教室の方針について解説させて頂くことに致しました。

今回は「まずなんでもやってみる!」についてです。
はじめての事でも失敗を恐れず、何でも「まずやってみる」、出来なければ「なぜ出来なかったのか」を考える、そして「どうすれば出来るようになるか工夫する」を粘り強く繰り返し経験を積んでいくことで、自ら考える力を育みます。

私の尊敬する偉人の1人であり、歴史に名を遺した発明家トーマス・エジソンはこんな言葉を残しています。

「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ。」

「私たち最大の弱点は諦めることにある。成功に近づく唯一の方法は、もう一度試してみることだ。」

つまり成功するまで諦めずに取り組み続け、一度でも成功したらそれまでの失敗は失敗などではなく、
成功するための布石だったことになる、ということです。
ただし、目的までの道を熟慮せず、闇雲に同じ方法を繰り返してもそれは遠回りになるだけなので、賢い挑戦の方法とは言えません。
できるだけ早く目標達成するためには、これまでの挑戦から得た情報や教訓を考慮して、次のやり方を考える必要があります。
私たちが教室を通して子供たちに養ってほしいと願い、日々のクラスでしつこく伝えているのは、
この「失敗を恐れず挑戦し続ける粘り強い心」と「目標達成に向け最短ルートを見つける考察力」です。

初めての事に挑戦することは、誰しも「失敗するかも」と恐れを抱くものです。
まだ薄氷のようなプライドで頑張っている子供ならなおの事、失敗したくないと思い
失敗するかもしれないから挑戦自体をしたくない・・・と考えてしまうのです。
でも、最初の一歩を踏み出さなければ何も出来るようにはならず、自信も経験も得られません。
最初の一歩に勇気を振り絞り、失敗しても次こそは!と思える心意気を持ってほしい。
失敗などなにも怖くはない。成功の喜びは失敗の落胆など吹き飛ばしてくれる。
そんな事を、子どもたちに教えてあげたい。そう思って日々クラスに立っています。

ちょっとアツくなりましたが・・・次回もクラリティー・キッズ教室方針を
解説させて頂きます。ご拝読ありがとうございました。

Copyright© 2016 幼児教育・小学校受験対策のクラリティー・キッズ All Rights Reserved.